労務実務の解説

オワハラで学生から訴えられる?経営者が知るべきオワハラ対処方

オワハラ

オワハラとは、「就活終われハラスメント」の略であり,採用選考を行っている企業が学生に対して他社の選考を辞退するように強要し就職活動を終わらせるよう迫る行為を意味する。早期に優秀な学生を囲い込みたい企業の思惑は理解できるとしても,行き過ぎた足止め策は法的トラブルのみならず様々なデメリットを生み出す。そこで,オワハラの具体的対応方法について説明したい。

続きを読む

5分で理解! 減給の懲戒処分の限界 

減給の懲戒処分の限界

社員が重大な規律違反を犯した場合,減給の懲戒処分を行うことがある。その場合,3ヶ月間賃金月額10%カットといった減給をしたいという経営者も多いだろう。しかし,減給の懲戒処分に対しては法律上の制限があるのだが分かりにくく誤解している経営者も多い。そこで,今回は減給の懲戒処分の限界について具体的な事例を示しながらわかりやすく説明したい。

続きを読む

退職した社員に対して損害賠償を請求できるか?

退職した社員への損害賠償請求

人手不足の昨今,人材の確保に頭を悩ませる企業も多い。社員採用の為にかかる求人広告費や人材紹介会社への費用もバカにならないくらい高額だ。せっかく採用した社員が,すぐに辞めてしまった場合,無駄になった求人経費を損害賠償請求したいと思う経営者も多い。そこで,退職した社員に損害賠償を請求できるのかについて説明したい。

続きを読む

もう迷わない!分かりやすい懲戒処分の判断基準

懲戒の基準

社員による不祥事が生じた際,会社は懲戒処分を検討することが多い。会社の秩序を守るためには厳しい処分をもって臨みたい。

しかし,懲戒処分の選択を誤ると,後々になって従業員から懲戒処分無効の訴訟を起こされるリスクがある。

とはいえ,軽い処分では戒めにならない。

一体どの程度の懲戒処分が適当なのか?迷う会社も多いだろう。そこで,今回は会社にとって参考になる懲戒処分の基準について,踏み込んで解説をしたい。

続きを読む