法律相談の流れ

弁護士は会社・経営者のパートナーです

従業員から解雇撤回・残業代・クレーム等を受け,あなたは,自信を失い,誰にも相談できず,一人苦しんでいませんか?安心してください。弁護士は会社の味方となり,親身に話を聞いて,今後の対応を一緒に考えます。
弁護士は会社に共感し,会社と一緒に戦うパートナーです。

まずは相談して下さい

会社が採れる手段は,ケースバイケースですが,会社には会社の考えがあり,法律的に構成できる主張も多々あります。また,法律を踏まえつつも,トラブルの回避・解決の為に,会社が取り得る事実上の手段は多数存在します。
まずは,なるべく早くご相談下さい。相談が早ければ早いほどとりうる手段は多いものです。
弁護士は,会社のご事情を伺い,具体的対応策を会社と一緒に検討し,最善の解決策をアドバイスします。
労働問題.COMでは,トラブルに巻き込まれた会社のご相談をスピーディに承っております。

まずは相談して下さい

電話又はお問い合わせフォームから相談の予約

ご相談

ご相談 丁寧な聴き取り・分かりやすい説明・具体的な解決のご提案

担当弁護士が,親身になって経営者・社長・人事担当者のご相談を伺います。どんな些細な事でもお話し下さい。
 解決の方法はケースバイケースですが,複数の解決案をお示しし,メリット・デメリット・コストなどを踏まえて,分かりやすくご説明し,具体的な解決案をご提案致します。

弁護士費用についてのご案内

弁護士費用についてのご案内 相談のみで終了

相談のみで解決する場合も多くあります。ここで終了する場合は,相談料のみが発生します。 (相談料)

明確なお見積もり

ご依頼される場合の弁護士費用の見積もりを明確にご提案致します。基準となる弁護士費用は明確に定められております。
 この時点でご依頼する必要は全くありませんので,持ち帰って慎重にご検討いただいております。もちろん,直ちにご依頼することも可能です。

ご依頼(委任契約)・弁護活動の着手

お客様のご要望を十分に伺い,費用・基本的な弁護方針を明確にした上で,会社と弁護士との間で,委任契約書を取り交わします。
契約後,弁護士は,直ちに会社の代理人として,弁護活動を開始します。

ご依頼(委任契約)・弁護活動の着手

情報収集・請求・交渉します

従業員から請求・クレームを受けたあなたは,精神的にダメージを受けながらも,目の前の会社経営,日常業務,資金繰り等とにかくお忙しいことでしょう。
従業員からの請求に対し,法律・裁判例を調査・情報収集したり,書面の作成,従業員・労働組合・労基署と交渉する時間的・精神的なゆとりはないはずです。
そのような会社に代わって,弁護士が,情報収集のお手伝いをし,会社に代わって書面を作成し,従業員・労働組合・労基署と交渉致します。
裁判を起こされる前に,弁護士を通じた交渉によって会社に有利な解決に導くことができることもよくあります。

情報収集・請求・交渉します

労働審判・仮処分・訴訟の対応をします

従業員が労働審判・仮処分・訴訟などの裁判を起こしてきた場合は,直ちに,会社に代わって適切な対応を行います。
裁判手続は複雑で見通しが立ちにくく,経営者や人事担当者が自ら対応することは極めて難しいのが現状です。裁判で誤った対応をしてしまい,本来負わなくてもよいリスクやコストまで負担してしまうこともままあります。
弁護士は,裁判のプロとして,会社の主張を法律的に構成し,最善の弁護活動を直ちに行います。弁護士の対応によって,会社のリスクやコストを最小化することが可能です。

労働審判・仮処分・訴訟の対応をします
24時間無料法律相談受付 TEL:0120-3131-45

ご挨拶 / 弁護士紹介 / 安心の費用 / 地図・アクセス / 無料法律相談 / 法律相談の流れ / よくある質問 / 依頼者の声 / お問い合わせ